トップページ

外国人特定技能

外国人正社員紹介

お問い合わせ

会社概要


現状の日本人新卒・中途採用における課題

  1. 応募数が減ってきている
  2. 採用コストが増加している
  3. 外国人採用の方法がわからない
  4. 中小企業が7割人手不足



人手不足を解消するために

  1. 人事制度の見直し(賃金、福利厚生、働き方など)
  2. 補助金・助成金利用
  3. 外国人社員を積極的に受け入れる


外国人社員は、企業にとって同じ会社の社員であり、会社の一員であり、会社にとって有益な従業員であれば、日本人であろうが、外国人であろうが、関係がありません。
言葉の問題でしたら、事前に勉強・教育させ、または一定のレベルのあるものを採用(例:日本語能力N3〜N1、英語TOEFL45〜80点)
技術の問題であれば、専門職・専門分野の方を採用
生活面、仕事面のフォロー、コミュニケーションであれば、弊社のような専門会社が面倒みる(半年の過渡期が立てば、ウィンウィン関係が出てくる。)
人材探し、事前教育、面接、採用、入社、フォローをワンストップサービスの弊社にお任せください。

弊社が、中国、ベトナム、インド、インドネシア、ミャンマー、フィリピン、ネパールなどの国から人材をご紹介しております。現地の大学、短大、専門学校、人材会社と提携しており、自前の教育センターでの事前教育もでき、優秀な講師を各地に派遣しています。
また、日本国内の留学生、長期滞在ビザを持っている外国の方も短時間のアルバイト、契約社員、正社員を幅広く紹介しています。
現在専属の中国語、英語、ベトナム語の通訳がおり、お助けホットラインを設置しております。
社長本人が16年の外国人人財事業をやっており、2019年4月に始まったばかりの特定技能も、いち早く外食特定技能1名のビザが許可されまして現在53名、専属の行政書士、弁護士事務所とも提携しております。



IT、宿泊、介護に特化した外国人人材

弊社は、
  1. 人件費削減で安賃金で外国人を受け入れようとする企業様をお断りします。
  2. 外国人が海外での生活、仕事の大変さを理解しようとしない企業様をお断りします。
  3. 人種差別する企業様をお断りします。

中国市場への進出コンサルティング

中国進出時に多い悩み
  1. 中国情報が足りない
  2. 中国進出の始め方が分からない
  3. この事業は中国に展開できるのか
  4. 実際にきちんと実行できるのか
  5. 中国の方々とどのように交渉を進めようか
  6. 現地人財採用
最も進出企業が重視する経営課題
  1. 売上拡大(市場開拓、事業開発、販売促進)
  2. コスト削減(物流コスト、生産コスト、調達コスト)
  3. 付加価値増加(ブランド力、納期短縮、品質向上)
成功へ導く鍵
  1. 情報
  2. 人財
  3. パートナー

中国で商標登録

中国現地グループ企業の商標登録事務所により海外商品の商標登録手続きを行い、日本国内より低価格での実現ができました。

中国でNMPA登録
  1. 化粧品
  2. 医薬品
  3. 医療機器
  4. 医薬周辺品(原薬・医薬品包装・医薬品添加物)
によるNMPA登録は、現地専門パートナーが手続きしていただき、正確/迅速/安心提供ができます。

中国の高等教育機関と看護・介護人材育成プロジェクト立ち上げ、湖南省、雲南省が先行起動、続いて山東省、河北省、河南省、甘粛省、湖北省、貴州省、安徽省、四川省、江西省、吉林省、と順次にスタート予定、看護師は日本へ入国までに日本語N2、介護は日本語N3から、医学知識を持ち、日本語レベルの高い人材を提供、ビザ申請、入社後の継続フォローをワンストップサービスいたします。
もちろん、ベトナム、インドネシア、フィリピン、インド、ミャンマーの介護人材も提供いたします。
ハードルの高い看護・介護分野では、育成環境/ノウハウ/施設普及/介護概念/老齢化社会/漢字圏、または、日本の医療・福祉現場で活躍している外国人人材人数といったところを見ると中国が現段階では一番相応しい国であります。











外国人人材の職業紹介・特定技能と海外進出コンサルティング・中国商標登録
BOSSHR株式会社
東京都台東区根岸3-1-10-2F
☎ 03-5604-5447
info@bosshr.jp